女性が子どもの頃になりたかった職業と現在の職業の差は

女性が子どもの頃になりたいと思っていた職業が、保育士や看護師等の人を支える仕事だった人は多いようです。
保育士や看護師になりたかった理由としては、保育園の先生が優しくしてくれたとか風邪を引いた時に診て貰った看護師さんが綺麗で素敵だったから等が有ります。
またお花屋さんとかケーキ屋さん等の、女性的で愛らしいイメージの職業に就きたかった人も多々いました。
他にもアナウンサーや女優のような、華やかな世界を憧れる人もいたそうです。
しかし実際に選んだ仕事は、子どもの頃の夢とは違う人ばかりでした。
もちろん幼少期の夢を叶えたい人もいますが、大体の人は次第に自分の力量を悟って夢を諦めてしまうのです。
しかし全く違う職業に、就く人ばかりでも有りません。
例えば医者を夢みていた方が助産師というほぼ医者と変わらない職業に就いていたり、幼稚園の先生になりたかった人が教論をしていたりもするのです。
このように近い職業を選ぶのは、心の中に幼少期の夢が残っていたからかも知れませんね。授乳中 ダイエット サプリ